古川師範が代表を務める株式会社NTジオテック中部は2009年に創業して以来、地域密着型のビジネスモデルにて中部地区を中心に活動して参りました。そしてこの度、日頃の感謝を地域に還元すべく中京SDGs私募債「みらいエール」の発行へと着手致しました。発行に伴い、負担金の一部から寄贈品を社会福祉法人昭徳会に贈ります。今後も地域の皆様に愛される活動を目指して参ります。 (私募債の発行については2019年9月26日の中部経済新聞に掲載)

※「SDGs(Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標)」とは2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことも誓っています。SDGs発展途上国のみならず、先進国自身が率先して取り組むべきものであり、当社もSDGs私募債「みらいエール」の発行により積極的にSDGsに貢献しています。


記念盾の授与の様子
IMG_4448