遥々沖縄から、沖縄剛柔流空手道古武道 拳志會総本部 外間哲弘先生に四日市へお越しいただき、優真会本部道場にて「古武道セミナー」を実施しました。※昨年2017年4月1日実施時の模様→こちら

00

今回は5月20日(日)に市内別会場にて終日開催の古武道セミナーを予定しており、18日(金)は当会壮年部の棒術稽古の成果を審査していただく日としてお時間をいただきました。
01

02

04

05

最初は全員で準備運動後、急所術等を御教授いただきました。
06

07

08

10

力の入れ方だけで相手を制圧する技の数々は必見です。
11

12

13

14

15

攻撃側に衝撃が返ってくる受技。
16

17

昨年7月に師範、師範代が沖縄で共に修業をされた、小西様(写真中央)にも東京からお越しいただきました。
18

蟷螂拳(カマキリ)で相手を圧倒する方法。
19

20

酔拳による奇襲攻撃。
21

22

後半は棒術の稽古を実施しました。
23

24

まずは山本、阪の2名の棒術稽古を外間先生に審査していただきました。
25

26

27
いつになく緊張感が漂っていたものの、しっかりとした棒の型をお見せすることができました。
28

その後、全体練習を実施。
29

30

31

32

33

転掌(テンショウ)の型。
34
型の中には様々な攻撃や防御の動きが隠されています。
35

36

37
外間先生、お忙しい中稽古のお時間をいただきありがとうございます。
39