46

今回の「不撓心カップ2017」も、昨年に引き続き社会支援団体様の協力のもとブースを出展。ご来場の皆様に活動の内容を知っていただくほか、作業所で作っているお菓子や雑貨の数々を販売していただきました。
ここで、今回は「さくらんぼみたいに甘くてツヤツヤの『トマト』」の販売をいたしました。
このトマトは「グローバルGAP」の認証を目指している農産物です。

「グローバルGAP」とは、農産物の品質だけでなく、農薬の使い方、土壌や水質などの環境、それに農場で働く人の安全など、生産に関わるあらゆる工程を第三者が審査したうえで一定の基準に適合していることを認めるもので、安全安心が保証される1つの基準として、世界で広がり始めています。
 

また、東京オリンピック・パラリンピックの選手村などで提供される食材についても、こうした基準が必要なのではないかと議論されています。

こちらのブログもご覧ください。

このトマトの事については、大会の来賓でお越しいただいた森智弘四日市市長も言及されていました。
05

トマト栽培を始めとするアグリ事業は、優真会、古川師範が代表を務める㈱アイオスの取組のひとつです。
06

会場では1パック500円で販売。決して安くはない価格ですが、その甘さとジューシーな食感が評判で、瞬く間に完売。一口で食べられるサイズなので、野菜が苦手なお子様もおかわりするほど人気です。
09

10

四日市市身体障害者団体連合会様はジュースの販売と、「大黒本しめじ」という京都産の肉厚しめじを販売。他のキノコにはない食感と味わいで、様々な料理で幅広くご利用いただけます。
11

db648ffc7329963e58fdd928a15d1880[1]

NPO法人 呼夢・フレンズ様は、オリーブオイルからできた石鹸や、手作りお菓子、運営する農場にて収穫した秋野菜を販売。お菓子には、収穫した秋野菜もたっぷり使用されています。
12

サポートセンターあいぷろ様は手作り焼き菓子を販売。数種類の焼き菓子のほか、詰め合わせにはオリジナルのパッケージを用いて大会仕様のボックスをご用意いただきました。作業所の皆さんもはりきって販売されていました。
13

14


体育館内では職域防犯組合連合会様による防犯啓発ブースをご用意。
特大のおみくじを引いた皆さんに、参加賞をプレゼントしていただきました。
07

Aコートの舞台設置でご協力いただいているマーシャルワールドジャパン様は例年にひきつづきショップを出店いただいております。
08

ご来場者様にはたくさん商品を買っていただき、ありがとうございました。