三滝武道館にて師範指導のもと、指導員・一部の壮年部(15名)を中心に稽古会を実施しました。

整列_1

GWということもあり、遠方の会員も参加。普段の稽古では教わらない、型の起源を含む深い内容です。

整列_2


まずは型稽古。征遠鎮(セイエンチン)の分解組手を通じて、一つひとつの技の意味を学びます。

セイエンチン

相手の攻撃を捌き、貫き手を繰り出す動作。

分解組手_1

金的蹴りを捕え、顔面への攻撃から相手の体制を崩し、制圧する動作……など、どれも奥深く、やってみると難しいものです。

分解組手_2


続いて「棒術」の稽古。基本技法及び型(天龍の棍)を練習しました。

棒術_1

姿勢や引手、構えなどは空手に共通しています。

棒術_2



そして、稽古と会議の後は、打上!
協賛していただいている神市、YASUKOでの懇親会です。

打上_1

打上_2

みなさんお疲れ様でした 押忍